Top >  化粧品を購入(契約)までの手口 >  契約を堅くする目的

契約を堅くする目的

カウンセラー(営業マン)にとって、

当日契約書を書いてもらっても

まだ『書いてもらっただけ』としか考えていません。


必要書類を全て揃え、クーリングオフ期間が過ぎ

商品を引き渡すまでが、カウンセラー(営業マン)の

仕事だからです。


クレジット契約時の必要書類


・身分証明書(学生証・免許証・保険証など)


・通帳の印鑑を押した書類


身分証明書は持ち歩く人も多いですが、

通帳の印鑑を持ち歩く人は

少ないのではないでしょうか?


印鑑を持っている人が少ない為、

印鑑を押す書類は持って帰って

郵送してもらう形が多いです。


カウンセラー(営業マン)にとって

書類が全て揃うまでは数日待つ事となるわけです。


※印鑑の書類が揃わないと

商品を引き渡す事ができないのです。

書類が揃わなければ全てパーという事です。


消費者が家に帰ると契約書だけが

手元にある状態になり、解約になる確率が高いので

不安になって第三者に相談しないよう説得されます。


契約を堅くする目的は解約の確率を減らす為

第三者(友人・家族・彼氏・旦那・消費生活センター)

に相談しないよう誘導する事です。


『今は内緒にして、実際やってお肌が変わってきてから言ってね』

などと言われます。

         

化粧品を購入(契約)までの手口

うまい事を言われ、丸め込まれてしまうパターンです。
【気づいた時には遅かった】
そうならないように早めに気づくようにしましょう。

すべての言葉には裏(目的)があるんです。
『心理作戦』『洗脳』です。

知っておくと
【気づいた時には遅かった】
なんて事には、ならないと思いますよ(^‐^)ノ

このカテゴリ内の記事


キャッチセールス【アンケート】の目的
無料の肌診断の目的
お肌の状態をアドバイスする目的
化粧品を比較する目的
肌質改善を勧める目的
商品アピールの目的
契約を当日にさせる目的
金額 一月1万前後の目的
契約を堅くする目的


化粧品キャッチセールスとは

お店での化粧品セールス

化粧品を購入(契約)までの手口

化粧品キャッチセールスの会社組織

キャッチセールス被害にあわない方法

被害にあった時の対処法

化粧品キャッチセールス Q&A

その他のキャッチセールス






Yahoo!ブックマークに登録