Top >  キャッチセールス被害にあわない方法 >  危険な断り方

危険な断り方

カウンセラー(営業マン)は、断られる事に慣れています。


しかも、消費者が、どんな事を言って断ってくるか

分かっています。


いざ、契約前に購入するかしないか選択された時に

消費者は、ほぼ全員と言っていい位

同じ断り方をします。


『お金が無い』 


『親に怒られる』    


『今すぐは決めれない』


『今は、まだお肌の事はいい』   


『勉強になりました』


カウンセラー(営業マン)は、こう断られても

動じません。


むしろ、ここから永遠に購入するよう

説得されてしまいます。 


とても危険です!!


『お金が無い』といえば

『1日300円貯金すればいいじゃない』


『親に怒られる』といえば

『今言わなくても効果がでてから言えばいいじゃない』


『今は決められない』といえば

『じゃあ、いつだったら決められるの?』


『今は、まだお肌の事はいい』といえば

『じゃあ、いつからやるの?』


『勉強になりました』といえば

『勉強になっても、やらないと変わらないよ』


と、あーいえばこーいう状態になり

ラチがあきません(。。;)


きっと、あなたは何も言えなくなり

嫌な思いをしてしまいます。


どうしようもなくなったら・・・


じっと相手の目を見つめ・・・


『化粧品とかはいいんだろうなーってわかりました!

でも・・あなたからは絶対に買いませんっ!!』


こう断って席を立ち、帰って下さい!


この言葉をカウンセラー(営業マン)が言われると、

『えっ!?』と思い黙る事が多いです。


何も言い返す言葉がない!!って感じです。 

         

キャッチセールス被害にあわない方法

繁華街などで化粧品キャッチセールスの
被害にあわない方法がいくつかあるので、紹介します。

キャッチセールスがいる時など試してみて下さい(^‐^)ノ

このカテゴリ内の記事


キャッチがいる時
キャッチに声をかけられてしまった時
危険な断り方
お店に行ってから気づいた時
簡単にクレジットを組まないように


化粧品キャッチセールスとは

お店での化粧品セールス

化粧品を購入(契約)までの手口

化粧品キャッチセールスの会社組織

キャッチセールス被害にあわない方法

被害にあった時の対処法

化粧品キャッチセールス Q&A

その他のキャッチセールス






Yahoo!ブックマークに登録