Top >  被害にあった時の対処法 >  内容証明の書き方 その1

内容証明の書き方 その1

ハガキのクーリングオフに対して、

内容証明は少しややこしいですが・・・(。。;)


より確実な方法ですので、ハガキでクーリングオフをするか

内容証明でクーリングオフをするかは、ご自分で判断して下さい。


内容証明を書く前に・・・


●まず用紙が必要です


基本的に、用紙・用紙サイズの規定などありませんので

何の用紙でも構いません。


また文房具屋などに行けば

「内容証明用紙」を購入する事ができます。


●文字数


1枚の用紙に書く事のできる文字数が制限されています。


縦書き・横書きどちらでも構いません。


【縦書きの場合】


1枚に26行以内 1行に20文字以内


【横書きの場合】


1枚に26行以内 1行に20文字以内

または、1枚に40行以内 1行に13文字以内


(数字やカッコ、句読点も1文字として数えます)

この行数、文字数での作成になります。


タイトルをつけても、つけなくても構いません。


書くものも鉛筆以外であれば大丈夫です。


ボールペンが無難ですね。

特に色の規定もありません。


それと、3枚すべて書くのは大変ですよね・・・(汗)


1枚だけ書いて残りの2枚をコピーで結構ですよ!


最近ではパソコンで書いて出す人が多いようです。

         

被害にあった時の対処法

ここでは化粧品キャッチセールスの
被害にあってしまった時の対処法を紹介します。

参考にして下さいね!

このカテゴリ内の記事


消費生活センター
クーリングオフ
クーリングオフの書き方
内容証明
内容証明の書き方 その1
内容証明の書き方 その2
中途解約


化粧品キャッチセールスとは

お店での化粧品セールス

化粧品を購入(契約)までの手口

化粧品キャッチセールスの会社組織

キャッチセールス被害にあわない方法

被害にあった時の対処法

化粧品キャッチセールス Q&A

その他のキャッチセールス






Yahoo!ブックマークに登録