Top >  化粧品キャッチセールスの会社組織 >  化粧品キャッチセールスの作戦  

化粧品キャッチセールスの作戦  

化粧品キャッチセールスは、他の会社と同様に

毎月、幹部会議や店舗でのミーティングがあります。


やはり消費者が知恵をつければ、

勧誘行為に支障が出るため、

売上も悪くなっていきます。


近年、街頭でキャッチセールスに

引っかからないよう、アナウンスが

流れている所が増えてきましたよね(^‐^)


いかに化粧品キャッチセールスだと

気づかれない様に営業するかの

作戦会議みたいなものです。


平成16年11月11日に

【特定商取引法】が改正されました。


現在は、ギリギリ法律に触れず

勧誘をやる方法などがメインで

会議やミーティングが行われている様です。


法律上ではこのようになっています。


【販売目的である事を隠して、お店や事務所に誘い込み勧誘する事を禁止する】


【クーリングオフ妨害をしない事】


【商品の価格・性能等 重要事項を告げない行為を禁止する】


化粧品キャッチセールスで営業を続けるには

厳しい法律が改正されました。

 
法律をもとに会議やミーティングをして、

うまく勧誘行為を続けていく方法を生み出しています。


例えば、

販売目的を隠し、必要事項を隠していても・・・


以前はクーリングオフを阻止する為に

キャンセルをさせなかったという行為をやめます。


すると、お客さんは消費者センターへ

相談する事をしなくなり

摘発を免れる事ができます。


この様な事を、会議やミーティングをし、

作戦を立てているわけです。

         

化粧品キャッチセールスの会社組織

なぜ化粧品キャッチセールスは消滅しないのか?

化粧品キャッチセールスの社員は
真っ当なこ事をしていると思っています。

悪徳商法とは思っていません。

求人広告を出し、新たな社員を増やし続け
また新たな被害者が増え続けるのです。

裏では一体何をやっているのか知りたくないですか?

このカテゴリ内の記事


社内組織
化粧品キャッチセールスの求人 
悪徳商法の研修 
1日の売上と営業時間 
給料と報酬 
売れる営業マンと売れない営業マン 
化粧品キャッチセールスの作戦  
ジュエリー販売  


化粧品キャッチセールスとは

お店での化粧品セールス

化粧品を購入(契約)までの手口

化粧品キャッチセールスの会社組織

キャッチセールス被害にあわない方法

被害にあった時の対処法

化粧品キャッチセールス Q&A

その他のキャッチセールス






Yahoo!ブックマークに登録