Top >  被害にあった時の対処法 >  クーリングオフの書き方

クーリングオフの書き方

●ハガキでのクーリングオフ


ポストに投函せず郵便局へ行って

「書留」または「配達記録郵便」

で出して下さい。


相手業者へ届いたかどうか確認できます。

(出す前に通知文(ハガキ)は両面コピーして保存しておくと、より良いです)


●送り先


販売先(店舗)・信販会社(クレジット会社)


●ハガキの書き方


【ハガキ(表)】


〒○○○ー○○○○

東京都渋谷区○○2丁目3番4号


株式会社 ○○○  
 
代表取締役 悪徳 悪男

  
福岡県福岡市○○5丁目6番7号

解約 節約子


【ハガキ(裏)】


契約解除(申込み撤回)通知書

契約日 平成○年○月○日

株式会社○○○

担当者 悪徳 悪子

商品名 △△△△

契約金額 △△△△△△円

上記日付の契約を解除(申込みを撤回)します。


クーリングオフの書き方は

信販用紙(クレジット用紙)にも記載されています。


消費生活センターへ相談しても

丁寧に教えてくれますので

問い合わせしてみるのも良いでしょう。


または、第三者の方に

内容を確認してもらうのも良いですね(^‐^)


化粧品キャッチセールスは高額な契約ですので、

さらに『内容証明』も通知する事を、お勧めします。


※頭金など支払っている場合は強くお勧めします!!

         

被害にあった時の対処法

ここでは化粧品キャッチセールスの
被害にあってしまった時の対処法を紹介します。

参考にして下さいね!

このカテゴリ内の記事


消費生活センター
クーリングオフ
クーリングオフの書き方
内容証明
内容証明の書き方 その1
内容証明の書き方 その2
中途解約


化粧品キャッチセールスとは

お店での化粧品セールス

化粧品を購入(契約)までの手口

化粧品キャッチセールスの会社組織

キャッチセールス被害にあわない方法

被害にあった時の対処法

化粧品キャッチセールス Q&A

その他のキャッチセールス






Yahoo!ブックマークに登録