Top >  被害にあった時の対処法 >  中途解約

中途解約

特定商取引で指定されている

「特定継続的役務提供取引」の

中途解約になります。


クーリングオフ期間を過ぎた後でも

理由を問わず、中途解約ができます。


ただし、法律上で定められている解約金の

上限が設けられています。


・エステティックサロン

(解約金 2万円、もしくは契約残金の10%のどちらか金額の低い方)


・契約の総額が5万を超えるもの


・使用していない化粧品・美容器具


使用してしまった物に関しては買い取らなければなりません。


化粧品キャッチセールスはクーリングオフ期間に

商品が手元に無い状態が多いので、

ほとんどの確率で中途解約はできると思います。


商品を全て空けては意味がありません。


1つ1つの商品の値段を確かめながら空けて下さい。


実際、商品を見て納得がいかない時は、

解約準備に取り掛かって下さい!!


また商品説明をされる時に、

わざと空けさせる事もありますので

絶対に空けないようにして下さい!!


中途解約は、法に基づき交渉していく事が多いので

あなた1人で交渉し、解決するのは難しくなってきます。


やはり消費生活センターへ相談する事をお勧めします。

         

被害にあった時の対処法

ここでは化粧品キャッチセールスの
被害にあってしまった時の対処法を紹介します。

参考にして下さいね!

このカテゴリ内の記事


消費生活センター
クーリングオフ
クーリングオフの書き方
内容証明
内容証明の書き方 その1
内容証明の書き方 その2
中途解約


化粧品キャッチセールスとは

お店での化粧品セールス

化粧品を購入(契約)までの手口

化粧品キャッチセールスの会社組織

キャッチセールス被害にあわない方法

被害にあった時の対処法

化粧品キャッチセールス Q&A

その他のキャッチセールス






Yahoo!ブックマークに登録